こういう人はマイナス思考になりやすい!原因や傾向をチェック
こういう人はマイナス思考になりやすい!原因や傾向をチェック

スピリチュアルなことを信じる意識が重要【気持ちの切り替えが大事】

  • TOP
  • >
  • 物事の捉え方を見直そう

プラス思考の人から学ぶ~物事の捉え方とは~

マイナス思考の人とは真逆の、プラス思考の人。プラス思考の人は、普段の生活の中でどのように物事を捉えているのでしょうか。

最初に知ってほしいこと

プラス思考の人を目の当たりにしたとき、一部の人は「嫌なことや失敗を振り返らないんだな」と感じます。しかし実際はその逆です。プラス思考を持つ人は、マイナスをプラスに変える力を持っています。分かりやすく言うと、失敗を真摯に受け止め、その原因をしっかり分析し、そこで得たことをすぐ実践に移す行動力を備えているのです。物事の本質や重大な問題から目を逸らさない人、ミスをしっかり受け止める人こそ本当の意味でのプラス思考の人間と言えます。

物事の視野を少しずらしてみることが大切

断定から仮説に切り替える
生真面目で責任感が強いマイナス思考の人は、物事を白か黒かの両極端で捉える傾向にあります。仕事中、難しい業務や問題に直面したとき、「できるはずがない」「少なくとも自分には無理だ」と考えてしまいます。それを「難しいかもしれないけどできるかもしれない」と考えるようにしましょう。断定から仮説に切り替えるのです。可能性を見出しそれに向かって前向きになることがプラス思考へ繋がるのです。大きな自信を持つのではなく、あくまで「仮説」なので、強く意気込む必要はありません。
自分が思ったことの逆を考える
物事を逆説的に考えることで、状況や結果が大きく変わることがあります。マイナス思考の人の多くが物事を悲観的に捉える傾向にあります。「どうせ」「やっぱり」と考えるのではなく、「もしかした」「だけど」と、思考をプラスの結果に繋がるように持っていきましょう。
作業のメリハリをつける
マイナス思考を持つ人に多いのが、「責任感が強い」という特徴です。自分に課せられた業務や自分自身に取り付けた約束や仕事を完璧にこなしていないと、残業したり休日出勤をしたりしてまで取り組もうとします。そんな思考や生活をしていては、心身の安定や休息を図れるはずがありません。仕事における業務にしてもプライベートでの何らかの作業にしても、メリハリをつけましょう。やるときはやる、やらないときはやらない。作業のメリハリは、潜在意識の活性化に繋がります。

根っからのプラス思考の人などほとんどいない

作業員

社会人は、みな自分の仕事に責任感や緊張感を持っています。これはごく当たり前のことです。ただ、そこであまりに強い気持ちや熱量を持ってしまうと、心身に悪影響を及ぼしてしまう可能性があります。無理が出ない程度に、自分にプラス思考を持たせられるようマインドチェンジを試みましょう。初めからプラス思考の人なんてほとんどいません。「プラス思考を持てるようになろう」という意識が大事なのです。

今日から実践!~職場で行なうメンタルトレーニング~

プラス思考へ切り替えるためのメンタルトレーニングは、そこまで難しいことではありません。そこで、誰にでもできる職場での簡単メンタルトレーニング法を紹介します。

職場におけるマイナス思考の払拭法とは

笑顔を意識する
笑顔には大きなリラックス効果があります。これは向けられた相手だけでなく、笑顔を作った本人にもその効果があります。緊張したときや悲しいことがあったとき、あえて口角を上げ笑顔を作るようにしましょう。脳に「笑っている」という指令が行き、マイナスの感情を払拭することができます。
人を褒めるポイントを探す
人を褒めるということは、その人に良い部分があるということです。意識してそこを探し、褒めれば、その「良い部分」を吸収できるチャンスです。上司でも部下でも社長でも、誰でも構いません。そこで自己嫌悪に陥ることなく、その部分について考えたり吸収したりすれば、きっと今後に活きてきます。またこの行動には、褒められた相手から好感が得られる良いきっかけにもなります。
同じ部署の仲間や部下の悩みを聞いてあげる
仕事やプライベートで悩んでいる人はたくさんいます。むしろ悩みを持っていない人のほうが少数派かもしれません。そこで、自分から仕事仲間へ積極的に悩みを聞いてあげましょう。共通性を見出し同じ苦しみを分かち合うことで、「この人も悩みを解消するために頑張っているんだ」と気付けます。ネガティブな気持ちを持つことは少しも悪くありません。そこからどのようなアクションを起すのかが大事なのです。

前向きになれる言葉をたくさん吸収しましょう

言葉や音楽を持つ力はとても大きく、その人の精神性に大きく左右します。尊敬している有名人やアーティストがいれば、その人が言った言葉や歌詞の中から、気持ちが前向きになれるものをたくさん吸収しましょう。仕事で大きな問題を抱えたとき、ミスをして落ち込んでいるときにその言葉が気持ちを前向きにさせてくれるはずです。

前向きになれる~名言・格言の紹介~

ここでは、有名人が発した名言や格言を紹介したいと思います。どれも気持ちが前向きになるものばかりです。

職場のチームプレイに活きる格言

基本的に、どのような仕事もチームプレイがとても重要です。日本を代表するアスリート、イチローが言ったチームプレイの重要性を説いた言葉です。

イチロー

どの業種においても、基礎作業や自分の仕事への責任をとても重要です。これはプロの世界でも一緒です。「自分がミスをしたら周りに迷惑がかかる」と考えるのではなく、「自分に課せられた仕事をしっかりこなせば周囲に貢献できる」とプラスの意識を持つようにしましょう。

仕事がうまくいかないときに活きる格言

宮内義彦

職に就いていると、いろいろな業務を課せられます。マイナス思考の人は1つ1つの仕事に責任感を持って完璧にこなそうと考えがちですが、この格言にあるように、1つのことに執着しすぎると先のことが見えなくなり、また自身の心身にも良くありません。妥協や気持ちの切り替えもときには重要なのです。

自分の仕事に不安を感じているときに活きる格言

Steve Jobs (スティーブ・ジョブズ)

今のあなたの人生は、いろいろな経験で成り立っています。嫌な思い出や忘れたい過去などもあるかもしれませんが、それらは必ず今後の仕事や人生に活きてきます。「あのような思いをしないためにはどうすれば良いか」と考えることができるからです。

最後に

マイナス思考の人は、あらゆる状況で悲観的になってしまいます。マイナス思考を改善しようと自分1人で頑張ろうとせず、周囲の人にもSOSを出しましょう。あなたのことを頼りにしている人、信頼している人がきっと助けてくれるはずです。身近な人のサポートを受けながらマイナス思考の改善を実践すれば、いつの間にかプラス思考を持った人間に生まれ変わっていることでしょう。

TOPボタン